2016年度における外国寄贈金利用報告

アルゼンチン・・・ 「フェリペ・バレラ」第17中高等教育学校

ベリーズ...ライフライン・ファウンデーション:家族のケアを受けられない子供たちへの支援活動を行っている。Kim Simplis Barrow女史により創設された。
ボリビア ・・Hogar Don Boscoオガール・ドン・ボスコ(種々の理由で家族と生活できない、多くは孤児である、16〜18歳の子供たち200名のホーム)在サンタ・クルス市。

ブラジル...1)NPO法人SABJA
チ リ ・・・ チリ国内団体に
コロンビア ・・NPO FUNDALECTURA児童・青少年に読書啓発・支援する団体
キューバ ・・・キューバ国内の施設
ドミニカ共和国・・NPOVoluntariado Jesus con los Ninosイエスと子ども達ボランティア:活動を通して、病気の子ども達及び彼らの家族を支援。健康への人道的な貢献により、病気による身体的、精神的、経済的日困難を緩和する。ドミニカ共和国、サンティアゴ市、「ドクター・アルトゥーロ・グジョン小児病院」内に拠点を置く。
エクアドル ・・エウヘニオ・エスペホ専門病院Hospital de Especialidades Eugenio Espejo、キト市
エル サルバドル・・エルサルバドル国内の学校支援。
グアテマラ・・・セントロ・クラベール(東京)日本在住のスペイン語・ポルトガル語を原語とする人々を支援
ジャマイカ...1)ナショナル・ユース・オーケストラ 2)児童回復プログラムChild Resiliency Programme, Kingston キングストン市
メキシコ ・・ペケニョ・オスピタリートPequeno Hospitalito在ケレタロ・リハビリセンター、視覚障害を持つ子ども達のための施設(全盲・弱視)
ニカラグア ・・・ ニカラグア、アラベスコダンスアカデミー(ニカラグア民族舞踊・ダンス学校)に学ぶ子ども達の奨学金
パナマ・・・社会福祉事業会(大統領夫人事務所)
パラグアイ ・・・1)パイ・プク”財団:教育活動の強化、人間性の開発とパラグアイ、チャコ地域における子ども達や若者の生活の質の向上を目的とする。寄付金は、ハンモック、すべり台、プレイハウス、シーソー等の遊具を備える「子ども達のよろこび公園」に充当された。2)オガル・ウニドス・ポル・クリスト財団:見捨てられ、危険な状況に陥った子どもや若者を定住させる施設であり、ここに生活する140人の子ども達や若者達のスポーツシューズ、シーツ、ジャージ用の生地、Tシャツ、ショーツ、テーブルウェアー等にあてられた。
ペルー ・・・ムンド・デ・アレグリア学校の生徒6名の奨学金に。この学校は、浜松市にあり、南米系外国人学校として、静岡県による認可第一号。
ウルグアイ ・・・1)高齢者福祉の支援施設NGO 身寄りのない高齢者のための支援施設 2)さん・フランシスコ・デ・サレス コレヒオ・ピオ
ベネズエラ ・・・フンダシオン・ティエラ・ビーバ

上記の寄贈金は、2016年10月24日に開催のラテンアメリカフェスティバル・チャリティーバザー、及び同年4月に開催の、コロンビア大使公邸における「ラテンアメリカ料理賞味昼食会」での寄付金と、フェスティバル・デ・コロール(チャリティーガラ)の寄付金を各国に寄付したものです。上述の各国、一国あたり597,000円、ただし、ボリビア・グアテマラへは30,000円(ラテンアメリカ賞味会への参加による)、チリへは565,000円(バザーとチャリティーガラへの参加による、エクアドルへは465,000円(チャリティーバザーへの参加による)でした。